Maison du Japon

文 化 施 設
Services culturels

 

施 設

 日本館には 68 の学生・研究者用の居室のほか、大サロン (なお大サロンは有料で、一般の個人・団体にも利用していただけます。詳しくはリンク先をご覧ください) 、図書室、談話室、アトリエなどが設けられており、また館長の住居も日本館の中にあります。大サロンと玄関廊下には 藤田嗣治画伯の筆になる二幅の大きな油絵が掲げられており、大学都市屈指の芸術作品として高い評価を受けています。

 

 

活 動

 図書室は約 1 万冊の蔵書と 170 タイトルの定期刊行物を有していますが、蔵書の多くは日本文学および日本で出版されたフランスに関する文献と、戦前から今日に至るフランス人研究者による日本研究の成果からなっており、定期刊行物の大半はわが国の諸学会の紀要などの論文集です。

 パリ国際大学都市日本館は、1953 年 5 月に日仏両政府が交わした「日仏文化協定」に規定される日仏文化施設の一つとして、両国間の文化交流に大きな貢献をしてきました。

 現在でも日仏の学者・知識人による講演会やシンポジウム、日本人若手芸術家による音楽会や美術展、あるいは日本映画の夕べなど、多彩な文化活動を展開しています。

 

 

 

 

 

このページのトップへ