k
Maison du Japon

居 住 申 込 み 方 法
Comment demander un logement

入居資格と滞在期間も参照して下さい。

一時滞在申込み

 日本館をはじめとするパリ国際大学都市の各館では、正規居住者をまず受け入れ、空室があるときのみ、一時滞在者にも部屋を用意しています。日本館では、一時滞在については滞在期間が5泊以上であることが必要です。また予約は原則として、

 

滞在期間が31泊以上の場合:滞在開始の3ヶ月前から

滞在期間が21〜30泊の場合:滞在開始の2ヶ月前から

滞在期間が11〜20泊の場合:滞在開始の1ヶ月前から

滞在期間が5〜10泊の場合:滞在開始の3週間前から

 

申請を受け付けます。まず、メールで館長宛てに希望滞在期間に空室があるかどうかを問い合わせてください。日本館館長は、予約状況等を調整のうえ、受け入れの可否を回答します。

受け入れが可能である場合には、一時滞在申請書に必要事項を記入して返送してください。この滞在申請書の受領、および、日本館から送られる受領のメール通知をもって予約成立とします。(場合によっては予約金をいただくことがあります。)室料は、到着後、現金、クレジットカード、TCなどで精算可能です。

 

 

正規居住申込み

 正規居住者としての入居を申請する方は、まず初めにパリ国際大学都市のウェブ・サイト上で入居申請をしてください。次の URL https://bienvenue.ciup.fr/questionnaire/ をブラウザー上方にあるURL入力窓に直接コピーペーストして申請ページに行き、登録作業を行います。英語で入力する場合でもフランス語版に登録してください。(英語版にはバグがあります。)

 ウェブ上の申請が終わったら、必ず当館にメールでご連絡下さい。(最初のコンタクトを当方より取ることはありません。)その上で、以下に示す通り入居資格区分に応じた日本館独自の申請手続きを踏んでください。

(I) 学生正規居住者

必要書類

以下の書類を一括して、日本館まで郵送してください(宛先)。

(a) パスポートのコピー
(b) フランスの研究・教育機関(または指導教授)の受け入れ証明書
(c) 奨学金の証明書
(d) 日本の最終学歴の修了証明書
(e) 日本の指導教員の推薦状
(f) 履歴書+自己アピール文(両者とも特に指定書式なし)
(g) これまでの研究内容とこれからの研究計画

以上の書類はすべて、日本語・フランス語・英語のいずれかが記されていればけっこうです。正本は前記 3 言語以外で記されている場合にのみ、前記 3 言語のいずれかの訳文を付してください。

  • (b) と (c) はコピーでも構いません。
  • (b) については、締切日までに正式の受入証明書が間に合わない場合は、フランスの受入機関、あるいは受入指導教官からの手紙やメールのコピーをとりあえず送付ください。
  • (c) は奨学金を取得しない方は必要ありません。
  • (d) (e) は、フランス留学直前の在籍校が日本以外の国の教育機関である場合、日本の最終学歴の教育機関・指導教員の書類とフランス留学直前の教育機関・指導教員の書類を合わせて送付してください。
  • (f) について、現住所と連絡先(電話番号、ファックス番号、メールアドレス) を必ず明記してください。
  • (g) について、A4 版横書き 3 枚程度で書式自由とします。研究計画は、何をいつまでにどこまで仕上げるのか、具体的に記述してください。
 
締 切
締め切りは 2017年5月16日消印有効までです。 EMS は避け必ず航空便で送って下さい。
 
選考手続き
日本館館長は、5月下旬に日本館学生入居選考委員会を開催します。選考委員会は、館長に加えて、日本館で選考した大学都市正規居住者 2 名から構成されます。
採用の可否は6月中旬に本人宛に通知されます。入居する館は、2017−2018 年度に日本館と居住者を交換する館の数および交換する居住者の数を調整したあと、決定の運びとなります。

 

(II) 研究者正規居住者

必要書類

3ヶ月を超える滞在を申請される方は、以下の書類を一括して日本館まで郵送(宛先)するか、あるいはPDF形式でメールの添付書類として送ってください(アドレス)。

(a) パスポートのコピー
(b) フランスの研究・教育機関 (または指導教授) の受入れ証明書あるいは日本の所属期間の派遣証明書
(c) フランス滞在中の収入を証明するもの
(d) 簡単な履歴書と業績表

以上の書類はすべて、日本語・フランス語・英語のいずれかが記されていればけっこうです。正本は前記 3 言語以外で記されている場合にのみ、前記 3 言語のいずれかの訳文を付してください。

  • (b) と (c) はコピーでも構いません。
 
選考手続き
申請は 1 年を通じて受け付けています。申請書類を受領後、日本館館長は空室状況などを考慮して入居の可否を決定し、本人宛に通知します。申請書類の発送は、EMS は避け必ず航空便でお願いします。
日本館が満室の場合は、大学都市内他館で空室を探すために申請を大学都市本部へ回送します。

 

(III) 芸術家・文化関係専門職正規居住者

必要書類

以下の書類を一括して、日本館まで郵送してください(宛先)。

(a) パスポートのコピー
(b) フランスの受入れ機関あるいは日本の派遣機関による展覧会、公演、研究プロジェクト、研修等の証明書
(c) 展覧会、公演、研究プロジェクト、研修等の予算書
(d) 簡単な経歴書と業績表

以上の書類はすべて、日本語・フランス語・英語のいずれかが記されていればけっこうです。正本は前記 3 言語以外で記されている場合にのみ、前記 3 言語のいずれかの訳文を付してください。

  • (b) と (c) はコピーでも構いません。
 
選考手続き
申請は一年を通じて受け付けています。申請書類を受領後、日本館館長は空室状況などを考慮して入居の可否を決定し、本人宛に通知します。申請書類の発送は、EMS は避け必ず航空便でお願いします。
日本館が満室の場合は、大学都市内他館で空室を探すために申請を大学都市本部へ回送します。

 

【関連情報】    

入居資格と滞在期間
料金表

 

 

 

このページのトップへ