ABOUT

Exposition de la Maison du Japon
Au-dela des cliches

パリ国際大学都市・日本館公募展
クリシェを越えて

会期: 2011年4月29日(金)?6月30日(木)
開館時間: 4月29日(金)のみ:17時~19時
月~金、日:13時~19時(屋外展示のみ公開)
土:10時~19時(屋内・屋外展示を公開)
Ouverture: le 29 avril ? le 30 juin 2011
horaire: Vernissage: le 29 avril, 17h - 19h
Exposition exterieure : 13h - 19h (tous les jours)
Exposition interieure : 10h - 19h (tous les samedis)

会場:パリ国際大学都市・日本館
Maison du Japon
Cite internationale universitaire de Paris
7C, boulevard Jourdan 75014 PARIS
Tel:01 44 16 12 15(domestique, フランス国内)
  +33 (0)1 44 16 12 15(international, 国際電話)
E-mail:expo.nihonkan[at]gmail.com
→ Remplacez [at] par @. 送信の際は[at]を@に置きかえてください。

開催趣旨

日本館が建設されたのは、大戦間の1929年。 日本の城郭を模して設計され、藤田嗣治の油絵2点を展示する日本館は、当時のフランスに おける日本のクリシェとも言えるでしょう。
それから80年以上経た現在、日本とフランスの関係も、 多極化する世界構造の中に位置する2カ国へと、発展・複雑化し、 「フランスにおける日本、日本におけるフランス」のクリシェも大きく変化しました。
本公募展は、こうしたアクチュアリテに直面する若手作家が、旧来のクリシェを超克して「構築」した 新たな文化的クリシェ=作品を展示することで、日仏文化交流の促進と新人アーティストの発掘、 育成に貢献することを目的としています。

C'est l'annee 1929 dont date l'inauguration de la Maison du Japon. En disposant deux grands tableaux de FUJITA et en basant sur l'architecture du chateau traditionnel du Japon, elle constitue, dans une certaine mesure, un cliche du Japon en France de cette epoque-la.
Au cours de ces 80 annees, la relation entre le Japon et la France a connu une grande mutation. Elle se developpe vers la phase multiple ou deux pays se trouvent.
Dans cette situation, nous lancons une exposition qui a pour le but de creer la nouvelle representation du ≪ Japon en France / la France au Japon ≫. Nous esperons que la creativite des artistes et des etudiants de la nouvelle generation fera face a l’actualite pour surmonter des cliches existants et pour creer des nouveaux cliches culturels.