Maison du Japon

入 居 資 格 と 滞 在 期 間
Conditions d'admission

入居申込み方法も参照して下さい。

入居資格区分と最長滞在期間

 大学都市の入居者は一時滞在者 (Passager) と正規居住者 (Résident) に大別されます。

 正規居住者には、学生 (Étudiant)、研究者 (Chercheur)、芸術家・文化関係専門職 (Artiste et Professionnels de la culture) の 3 つのカテゴリーがあり、それぞれ異なった資格要件および滞在期間が定められています。

 日本館は商業的なホテルでも単なる寄宿舎でもなく学生や研究者の国際的な友好親善と日仏間の文化・学術交流の推進の場です。日本館に居住するにはこのことを理解し、また集団生活になじめることが前提条件となっています。

 

 

入居申請禁止期間

 次の期間は、大学都市へ正規居住者として入居申請をすることができません。

(a) 学生居住者として入居した者は、大学都市退去後 3 年間。この間は、いずれの資格でも入居申請をすることができません。
(b) 研究者居住者あるいは芸術家居住者は、大学都市退去後 2 年間。1 回の居住期間が 2 年間に満たない件では、過去 4 年間に 24 ヶ月の居住している場合。

 

 

一時滞在者(Passager)

 一時滞在は各館が独自の判断で許可するもので、厳密に資格を問うものではありませんが、フランスまたは日本で高等教育機関・研究機関となんらかのつながりがあることを原則とします。

 本来は 7 月から 9 月の 3ヶ月間に限られますが、大学年度途中でも空室があれば受入れます。 18 才未満の方は保護者の同伴が必要です。滞在期間は宿泊者のパリにおける滞在目的等に照らして決定しますが、5 泊以上することが条件です。

 

 

正規居住者(Résident)

 正規居住者 (Résident) となるための条件や滞在期間は以下のとおりです。

学生(résident-étudiant)

入居資格
学生正規居住者の入居資格は次の2つの条件をともに満たすことです。
(a) 大学都市の規約により、Bac + 3 あるいはそれに相当する資格を有し、博士号をまだ取得していないこと、新学期から最低でも master 1 の課程に登録予定であること。
(b) 主にイル=ドゥ=フランスの公立高等教育機関、フランスの高等教育機関と協定を結んでいる外国の高等教育機関、あるいは取得資格が国家によって承認されている私立高等教育機関に登録すること。
このうち、芸術の実技専攻の学生 (étudiants en formation artistique) については、条件 a が緩和される場合があるので館長に問合せてください。
 
滞在期間
学生正規居住者は、1 大学年度の入居を承認され、2 度まで更新、つまり最長 3 大学年度の居住が認められます。大学年度は原則として毎年 10 月 1 日に始まり、6 月 30 日に終わります。

 

研究者(résident-chercheur)

入居資格
研究者居住者の入居資格は次の 3 つのいずれかを満たすことです。
(a) 博士号取得者であること
(b) 高等教育機関、研究機関あるいは大学が承認するポストドクトラル・プロジェクトに従事すること。
(c) 研究者として、イル=ドゥ=フランスの大学、高等教育機関あるいは研究機関から招聘されていること。
 
滞在期間
研究者居住者はいつでも入居日から数えて 12 ヶ月を超えない範囲で居住が承認され、24 ヶ月を超えない範囲で更新が認められます。

 

芸術家・文化関係専門職 (résident-Artiste et Professionnel de la culture)

入居資格
芸術家とはあらゆる分野の芸術家、文化関係専門職とは、学芸員、文書館職員、司書、技術職員などを指します。
この居住者の入居資格は、展覧会、公演、研究プロジェクト、研修等のために、イル=ドゥ=フランスに来ることです。
滞在期間
芸術家・文化関係専門職居住者はいつでも入居日から数えて 12 ヶ月を超えない範囲で居住が承認され、24 ヶ月を超えない範囲で更新が認められます。

 

【関連情報】    

料金表
入居申込み方法

 

 

 

 

このページのトップへ